後継者問題をすっきり解決!会社売却で得られるメリットとは

後継者問題をすっきり解決!会社売却で得られるメリットとは

ビル

後継者問題に悩んだら会社売却をしよう

会社を継ぐ人がいない場合は会社売却を考慮する必要があります。経営が健全で、事業が順調であったとしても永遠に経営を続けられるわけではありません。いつかは後継者を選ぶ必要があります。しかし、後継者がいない場合などは会社が立ち行かなくなる可能性があるのです。そうなる前に売却してしまって、社員が今まで通りの仕事ができる環境を整えることは間違いではありません。後継者に不安がある場合には別の株主に任せることも選択肢の一つです。

オフィス

会社売却までの流れ

会社を売却するまでの流れとしては、まず会社を誰かに買ってもらう必要があります。そのため売却先会社の選定から始めます。信用できる会社が見つかり、買い取り条件などに合意ができれば、売却となるのです。実際の売却に関しては株式譲渡が一般的な方法です。株式を買取り会社が買取るという方法です。これであれば会社は存続して、株主が変わるだけですので混乱が少なくて済みます。社員にとっては、原則として働き方に変わりはありません。

建物

赤字でも売却することは可能?

赤字でも売却することは可能です。売却先が営業に問題がなく、再建できると判断すれば赤字でもいいのです。赤字になっていても、資本金、販売先、営業店舗など魅力となる項目は数多くあります。同じ業界が売却先である場合であれば、優秀な人材を抱えているなども理由になることもあるのです。売却先が将来の展望を描くことができれば、赤字はあまり関係ありません。株主が変わって、解決できる問題と売却先が認識していれば売却先は見つかるでしょう。

株式譲渡と事業譲渡の違い

株式譲渡は会社全体を売ること

株式譲渡は株式を譲渡して株主が変わることで、会社全体を売却することです。株主が変わるだけで会社は今まで通り存続することができます。

事業譲渡は会社の一部を売ること

事業譲渡は会社の一部門を売却することです。売られた部門は新しい会社に入るので、社員は入社し直さなければなりません。取引先との契約も新しい会社と契約し直す必要があります。

広告募集中